Ch. Carbonnieux Pessac Léognan Blanc
シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン

3.23

242件

Ch. Carbonnieux Pessac Léognan Blanc(シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 蜂蜜
  • グレープフルーツ
  • 青リンゴ
  • レモン
  • 洋梨
  • 木樽
  • アーモンド
  • 白い花

基本情報

ワイン名Ch. Carbonnieux Pessac Léognan Blanc
生産地France > Bordeaux > Graves > Péssac Léognan
生産者
品種Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン), Sémillon (セミヨン)
スタイルWhite Wine

口コミ242

  • 4.0

    2021/10/31

    (1989)

    カルボニュー白89年です。早飲みは絶対に勿体ないボルドー白の代表のようなこのカルボニューブランですが優れたコスパ、色調が丸分かりの透明色ボトルなど、色々とありがたいワインです。 通常白は黄が強くなった黄金色がベストの色調と思ってますが、ややオレンジの色合いが強くピーク越えのリスクがあるボトルでちょっとドキドキしました(笑)。コルクもまあしっかりしており、まずは腑抜けワインでなくてひと安心。 開けるとトロトロのヨーグルト、蜂蜜、素晴らしい姿のカルボニューでした。熟成カルボニューに見られるナッツのニュアンスは今回は感じられませんでしたが、グラーヴブランのグレートヴィンテージらしくストレートに強い乳性でおしてくるボルドーブランでした。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(1989)
  • 4.0

    2021/08/07

    カルボニューの2008年、写真を撮り忘れたのでGoogleで。良い感じに熟成されており、ハーブなどの香りが素晴らしいボルドーブランでした。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン
  • 3.5

    2021/04/26

    PESSAC LEOGNAN BLANC 2015 CARBONNIEUX うーん、美味しいSBです。 まろやか。セミヨン20% ほんのり柑橘系の風味がアクセントのお魚にあいました!

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン
  • 3.5

    2021/04/14

    (2014)

    東麻布 クローニーさん ペアリング ディナー シャンパーニュ はボトルでお願いしたので、ここからがソムリエさまセレクトのペアリング 白ワインはシャトー ボーカイユのボルドー・ブランからスタート。セミヨン比率高めで、フルーティで美味しい。 お料理もとにかく素晴らしいー。甘エビのカルパッチョは濃厚で旨味がたっぷり、ホタテのレアなソテーは春菊の苦味の効いた大人のソースで。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2014)
  • 3.5

    2021/04/13

    (2016)

    ロオジエにて アワビの料理と合わせて♪

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2016)
  • 3.5

    2021/03/25

    (2016)

    ソーヴィニヨン・ブラン70%、セミヨン30% グレープフルーツ、フレッシュハーブ、熟した洋梨のアロマに蜜のニュアンス。SBの爽やかさにセミヨンの蜜っぽさが相まってリッチなアロマに。 口に含むと爽やかな酸とふくよかな果実味、蜜感が良いバランス。余韻も長い。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2016)
  • 3.0

    2021/03/13

    (2014)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    鮮やかなイエロー。キレのある酸でフレッシュ感あり。温度が上がるとコクも出てくる。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2014)
  • 3.0

    2021/02/10

    シャトーカルボニュー ブラン 2017 おこもりホテルステイ✨ 今回は横浜♪ お部屋ディナー付プランです♡ それなら、コロナ全く問題ないですよね〜(゚ー゚)(。_。)ウンウン ワインは乾杯のスパークリング1杯付きでした! 先ずは白ワインペサックレオニャンのブランはお初✨ ハーブ、薬草みたいな、春菊w?、が強め、 柑橘系、と苦味もしっかり、最初少し飲みにくさを感じましたが、少しずつアップルや白桃のニュアンスが出てきて、柔らかい甘みが。 温度のせいかもしれませんが…少し高めが良い感じかと! あ、裏にお値段が…^^;コスパ的にはどうなのかな〜 そして、つづく…

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン
  • 2.5

    2021/01/31

    クエ鍋に若めのカルボニュー カルボニュー自体はトロピカルフルーツや杏のアロマ、若めなので酸もあって、合いました!

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン
  • 4.0

    2020/12/13

    昨日のボルドーワイン会にて。グラーヴ地区の白。ボルドーの白って自分ではまず選択しないので、美味しさに驚いた。なめらかでバナナのような甘さもあった。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン
  • 3.5

    2020/10/03

    熟成カルボニュー・ブランとスピアナータ。 スピアナータとはシート状にしたモッツァレラチーズでリコッタチーズと生ハム、レタスなどで巻き上げたものです。 熟成前は爽やかでピュアでフルーティーな印象ですが、熟成したカルボニュー・ブランは砂糖漬けのドライフルーツのようなフレーバーが出てきて幅広い料理に対応してくれます。 熟成カルボニュー・ブラン好きです♪

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン
  • 3.5

    2020/08/30

    (2017)

    シャトー カルボニュー ペサック レオニャン ブラン 2017 夏場にいいですね。 ソーヴィニョンブラン主体にしては、ちょっと厚めなんですがそのいい意味でふくよかな感じに。 若干のグレープフルーツの苦味と酸がしめている。たまりません。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2017)
  • 3.5

    2020/07/19

    シャトー・カルボニューぺサック レオニャンブラン 2013 北摂会in潤○別邸+ZOOM② Goさん 有り難うございます。 ここからはブラインドです。 GoさんがZOOM参加のお二人と待ち合わせして お二人のワイン(ペットボトル笑)とGoさんのワインを交換して来てくれていたという サプライズが有りました! 暑い中 自転車で 感激です✨ 綺麗なイエロー 青リンゴ マスカット フルーティーです。 えー? 色々言っていたような… ボルドーブレンドで…ソーヴィニヨブラン75% セミオン25% (汗)全くソーヴィニヨ感…感じませんでした(汗) 温度上がると グリーン掛かってきて 草っぽさも 感じました。 ZOOM参加のクマさんワイン! 濁りがあって 日本!違う…自然派は間違いなし…ロワールのシャルドネでした! 画面でボトル確認 紫陽花とカタツムリのエチケット!写真無し(汗) ブラインドは楽しいですが 向上していなくてショックです(涙)

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン
  • 3.0

    2020/07/08

    (2006)

    持ち込みワイン

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2006)
  • 3.5

    2020/06/28

    (2020)

    数年ぶりのワイン会。ソーヴィニヨン・ブランらしい味

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2020)
  • 4.0

    2020/02/10

    (2015)

    ライム、グレープフルーツ、青リンゴ、ハチミツのニュアンス。癖がなく、スイスイと飲める。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2015)
  • 3.5

    2020/02/03

    (1990)

    カルボニューブランの90年です。 若い頃、に比べて熟成で大きく味わいが変わるワインと言えば私はまずこのカルボニューブランがイメージされます。開けたてはおとなしい香りが時間が経つとじっくりじっくりと香りが強くなっていきます。オレンジピールに白桃、乳酸のニュアンス。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(1990)
  • 3.0

    2019/11/30

    (2015)

    会食にて。カルボニューブランの2015年です。 若いカルボニューブランは苦味がややあるイメージですが、この2015年はその苦味が無く、青リンゴ等の果実味が前面に出た今でもなかなか楽しめる味わいです。20年ほど置けばかなり美味くなりそうな感じですが、20年の保管は無理だなぁ(笑)

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2015)
  • 3.0

    2019/11/09

    (2015)

    あーこれかー、と思ったグラーヴ白。ロイヤル・コペンハーゲンのグラスだそうです。確かにグラスの筋が磁器の模様とシンクロするような。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2015)
  • 3.5

    2019/09/17

    (2015)

    6500円。レモン、ハーブ感、草はら、濃い!温度が上がるとか香しさと濃さがすごい。美味しいけど高いので3.5。ちょっとバナナ。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2015)
  • 3.5

    2019/08/22

    (1998)

    Ch. Carbonnieux Pessac Léognan Blanc 1998 久しぶりにボルドー・ブランが飲みたくなり抜栓。 セラーには他にも飴色に変化したCh. Carbonnieux Blancが数ヴィンテージあったが若いヴィンテージを選んだ。 若い内は味わいが軽いワインだが熟成させると深みや厚みが増してとても良いワインだと思うCh. Carbonnieux Blanc。 少し、色調が濃くなっているがまだ淡い色合い。 香りも青さが残るリンゴやマスカットの香り。 口にすると、果実味に上品な甘さがあり繊細なミネラルと酸が素晴らしい。 このワインは2000年12月31日に¥2,980で購入したものだ。 20年後を楽しみに新たにこのワインを購入したいと思う。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(1998)
  • 3.5

    2019/08/04

    (2013)

    黄金がかったイエロー 輝きが強い レモン、塾したパイナップルの香り アタックはとてもまろやか 酸味と苦味がセミヨンの甘さを引き立てている。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2013)
  • 3.5

    2019/06/29

    (1993)

    この日のワイン会の白その3は私の持ち込み、カルボニューブランの93年です。 香りのスケールはやや小さいながらも、毎度(笑)の熟成カルボニューらしく、スマートな乳酸、ナッツの香りの期待を裏切らないワイン。 ただ、次のワインがあれだと知ってればこのワイン持っていかなかったですが(爆)

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(1993)
  • 2.5

    2019/06/09

    (2013)

    青リンゴの香り。まとまっている。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2013)
  • 3.0

    2019/04/06

    (1992)

    カルボニューミニ垂直、こちらは1992だけど2001より全然若い。3つの中で一番良かった。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(1992)
  • 2.5

    2019/04/06

    (2001)

    カルボニューブラン、ミニ垂直。色濃いー、老けてる感じ。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2001)
  • 2.5

    2019/04/06

    (2013)

    わりと酸強め、スモーキー。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2013)
  • 3.5

    2018/10/09

    (1992)

    連休のお供は毎度お馴染み?カルボニューの92年です。 開けた初日はやや酸が落ち着かず、1日置いてみましたら素晴らしい乳酸香が浮き出てきました。絶好調のカルボニュー古酒のナッティーなテイストとえもいわれぬ並木道を歩くような清々しさとまではいきませんが、やはり熟成すればいつも素晴らしいワインと思います、カルボニュー。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(1992)
  • 3.0

    2018/07/31

    (2013)

    お友達のお家にて持ち寄り会。 シャルドネが続いたので、一度味変で、ソーヴィニヨン ・ブランに移行し、持参したカルボニュー・ブラン2013。久しぶりのボルドー白でしたが、やはりトロピカルで美味しいです。 でも、やっぱり同じ価格帯だったら、タルボーの方が好きかな。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2013)
  • 3.0

    2018/07/29

    (2013)

    台風のため家呑み。久しぶりのボルドー白。グラッシーで爽やか。

    シャトー・カルボニュー ペサック・レオニャン ブラン(2013)