Ch. Lagrange
シャトー・ラグランジュ

3.32

1735件

Ch. Lagrange(シャトー・ラグランジュ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • ブラックベリー
  • 木樽
  • プルーン
  • ブルーベリー
  • レーズン
  • ブラックチェリー
  • チョコレート

基本情報

ワイン名Ch. Lagrange
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc > Saint Julien
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Petit Verdot (プティ・ヴェルド)
スタイルRed Wine

口コミ1735

  • 3.0

    2024/03/29

    (2013)

    メドック格付け61巡り35番目の2本目、サン・ジュリアンの第3級、シャトー・ラグランジュ、2013vt.です。 カジュアルなバーにあった一本。 メドックは冬から春まで冷涼かつ雨が多く、オフヴィンテージと言われております2013ですが、この日は気分が良く面白そうだと思ってマスターに抜栓を依頼しました。 セパージュはカベルネS75、メルロー21、プティV.4%のブレンド、平均樹齢は40年。新樽率60%で21ヶ月熟成して卵白で清澄。 色調は軽い紫に、ボルドーにしてはさらりとした透明感のあるルビー。軽い黒果実にレーズン、軽めの黒胡椒になめし革。 濃厚さには欠けるものの、作り手の努力を感じるミディアムなインパクト。よくまとまっているなと思います。余韻は長くは無いですが、果実味と軽いタンニンが、飲みやすさを生み出してくれます。 悪くは無いですよ、全然。 前回いただいた2009と比べると、軽めにはなりますが、スイスイと美味しくいただきました。 ボルドーの2013は、安く売られてたりしてますから、ちょっと買ってみようかななんて思ったり、、^_^

    シャトー・ラグランジュ(2013)
  • 2.5

    2024/03/22

    (2003)

    このアプリを始める前に飲んだワイン。日付けは飲んだ日、または写真を撮った日。

    シャトー・ラグランジュ(2003)
  • 2.5

    2024/02/27

    (2007)

    アプリを始める前に飲んだワイン。日付けは飲んだ日、または写真を撮った日。

    シャトー・ラグランジュ(2007)
  • 4.5

    2024/02/02

    ラグランジュ 2010年 当たり年のラグランジュ。重厚でエレガント。素晴らしい! 最近のvinica、画質悪化する?何か設定違い?

    シャトー・ラグランジュ
  • 3.0

    2024/01/15

    カベルネソーヴィニヨンらしい風味と渋味があるが飲みやすい 余韻はあまりない インコの命日に献杯として開栓

    シャトー・ラグランジュ
  • 3.0

    2024/01/12

    (2012)

    シャトー ラグランジュ 2012

    シャトー・ラグランジュ(2012)
  • 3.0

    2024/01/10

    (2014)

    本日の一本 シャトー ラグランジュ 2014 12月11日

    シャトー・ラグランジュ(2014)
  • 3.0

    2024/01/02

    00でもなく、05でもなく04 飲み頃には違いないが、なんだかなぁ?

    シャトー・ラグランジュ
  • 2.5

    2023/12/28

    2005 渋谷ラチュレ 久しぶりの赤。だいぶ飲みました。美味しかったです。

    シャトー・ラグランジュ
  • 3.0

    2023/12/15

    (2012)

    シャトー・ラグランジュ 2012 ヨシキとの飲み比べにて。 そこまで力強さはないけど、適度に熟成香が出てきていて、酸と果実味、樽などバランスよく、冷涼感あってかなり安定のお味でした。 今年最後の月例ジビエ会。 外さないです

    シャトー・ラグランジュ(2012)
  • 2.5

    2023/12/11

    (2020)

    試飲会 こちらはフレンドリーなラグランジュでした! 今から楽しめます。

    シャトー・ラグランジュ(2020)
  • 3.5

    2023/11/27

    (2017)

    ボルドー、サンジュリアン、3級。 久しぶりにいただきます。 鮮やかさがある淡めのダークチェリーレッド。 ブルーベリーに、セミドライのブラックベリー、そこに杉やドライトマトのニュアンス、コーヒーや甘草などの重層的な香り。 アタックはやや強め。果実のフレッシュさがあり、ボルドーらしい陰気な印象は控えめ。ほのかな甘さと、爽やかさがある酸味が心地よく伸びて、後味にはインクのニュアンスをほのかに残します。 酸がキレイで、程よく濃さがあり、飲み飽きずおいしいです。

    シャトー・ラグランジュ(2017)
  • 3.5

    2023/11/27

    (2013)

    間違いない好み、ラグランジュ。 10年経って熟成もいい感じ。 黒果実と甘みひく後味。 やはりはじめは固かったのでデキャンタで開かせて飲みました。

    シャトー・ラグランジュ(2013)
  • 3.5

    2023/11/13

    (2000)

    一週間前のBVC総会に持っていったもう1本のワインはラグランジュの2000年です。 ガチガチの2000年ボルドーなので前日抜栓で持っていきましたが、まだまだカチカチで皆さまの評判もあまりよろしく無かったです(苦笑)。 持ち帰り数日経ってから改めて飲みましたがガッシリした果実味は残っていました。 今までこのワインを飲んだ経験上は1日ちょっと開けて置いてれば開くかなと思いましたがまだまだ時間が必要だったようです…これもまた、瓶差?

    シャトー・ラグランジュ(2000)
  • 4.0

    2023/09/20

    鉄板焼きとともに、贅沢なワイン。 さすがファースト、セカンドとは全然違う。 香りがふわっとくる。 豊かな果実味、おいしいです。 でも、値段高いので自分のお金ではリピは無いかな。

    シャトー・ラグランジュ
  • 3.5

    2023/09/06

    ラグランジュ2017。新宿ビストロにて久しぶりの会食。やっぱり外飲みの方が楽しくて美味しい。

    シャトー・ラグランジュ
  • 4.0

    2023/08/29

    (2008)

    2-2.5-3.5-5:13 ボルドーの中でも好きなシャトー 久しぶりにゆっくり味わう 開けた時に香りがぐっと迫ってくる 口に含んだ瞬間にぞわっとくる感触 10年来の親友に再会したような そんな親しみと懐かしさがある

    シャトー・ラグランジュ(2008)
  • 4.5

    2023/08/12

    (2008)

    ラグランジュ2008をいただきました♪

    シャトー・ラグランジュ(2008)
  • 3.0

    2023/07/26

    107ラグランジュ2020 青さある エノテカ

    シャトー・ラグランジュ
  • 3.5

    2023/07/22

    (2013)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    メドック3級のラグランジュ。 なかなか開いてくれませんでしたので、一日置いたら格段に良くなりました。 ブラックチェリーのような黒果実系の香りに加え、インク、コーヒー、チョコレートなどボルドー好きにはたまらないアロマ。 タンニンは柔らかくなってきていますが、まだ酸が少し残ってたのであと数年置いた方がよかったかな。

    シャトー・ラグランジュ(2013)
  • 4.0

    2023/07/06

    3.8

    シャトー・ラグランジュ
  • 2.5

    2023/06/22

    (2008)

    ラグランジュも飲み頃が難しい印象があります。 2008もまだ(?)果実感が上がってきません。 脂っこい料理や、濃いめのソースを使った料理などとは相性が良さそうです!

    シャトー・ラグランジュ(2008)
  • 3.5

    2023/06/08

    (2005)

    シャトー・ラグランジュのヴィンテージ飲み比べ2杯目!こちらは2005‹‹\(´ω` )/›› 2020と比べるとアロマも味わいも落ち着いてる、アタック軽めでジワジワ果実味→ふわっと酸とタンニンの感じ(`•ω•′) 改めてその後2020を口にするとまた面白い( ・ㅂ・)و ̑̑

    シャトー・ラグランジュ(2005)
  • 3.5

    2023/06/08

    (2020)

    休日エノテカワイン♫ シャトー・ラグランジュのヴィンテージ違いの飲み比べ( ✧︎Д✧︎) 2020は柔らかながらも酸が結構しっかり目、これはこれで美味しい( ・ㅂ・)و ̑̑

    シャトー・ラグランジュ(2020)
  • 3.5

    2023/06/03

    安定の

    シャトー・ラグランジュ
  • 4.5

    2023/05/27

    (1989)

    コルクが乾燥しており、抜栓には苦労したが、甘さのある黒果実の香りで良さげなスタート。黒っぽさのあるレンガ色が熟成感を匂わせる。 オークをしっかり感じ、甘さのあるタンニンで余韻もかなり長かった。 カリフォルニアワインのようなわかりやすい美味しさ。すでに30年以上が経過しているが、とても円やかでこなれていながらもしっかりとした力強さも残っていた。

    シャトー・ラグランジュ(1989)
  • 3.0

    2023/05/19

    (2017)

    とても久しぶりにシャトー・ラグランジュをいただきました。 今回は2017年でございます。 ダークガーネットの若々しい外観。 柔らかなオークと清涼感のあるミント、黒胡椒をまぶされたブラックベリー。 中庸な酸味。 クレームドカシスの風味が鼻腔に抜ける。優雅でほどよいベルベット感。焦んがりトースティで、アフターにはまだ溌剌としたタンニンがあるが不快感はない。 真っ直ぐで美味しいボルドーでございました。 期待以上でも未満でもない、ある種予測しやすい美味しさ。 信頼できる1本なのかもしれません。

    シャトー・ラグランジュ(2017)
  • 3.0

    2023/05/05

    (2015)

    家のセラーで寝かせていたラグランジュ 。 久々です。

    シャトー・ラグランジュ(2015)
  • 3.0

    2023/05/05

    (2013)

    価格:7,304円(ボトル / ショップ)

    華やかな香り。カシスやベリー、ダークチョコや樽。 ややミディアム寄りのほろ苦い果実味。 落ち着きのある味わい。 10本3万円福袋の1本 カベルネ・ソーヴィニヨン75%の高比率で、プティ・ヴェルド4%、メルロ21%をフレンチオーク樽(新樽比率60%)で21ヶ月

    シャトー・ラグランジュ(2013)
  • 3.0

    2023/04/30

    (2017)

    シャトー・ラグランジュ 2017 エスニックdeワイン会 赤ワインはボルドーvsブルゴーニュ比較。 ボルドーはラグランジュ2017。 王道ボルドーとブルゴーニュの比較テイスティングはいかがでしょうか。 黒系果実の凝縮したエキスを感じるしっかりとした味わい。同時にクリアな透明感があり、奥行きと立体感も感じる。 うーん、素晴らしい!まだ若いですがとても美味しく飲めました。 黒系果実のボルドー、赤系果実のブルゴーニュとこちらもとても分かりやすく楽しめる比較となりました。 ブルゴーニュは日本人生産者、ボルドーは出資がサントリーとどちらも日本人ゆかりのワインという事でこちらも盛り上がる話題となりました。 殆どの参加者はラグランジュの方が好み、だそうで、ブルゴーニュ推しのわたしはまたしてもマイノリティ。アレレ??やっぱり自分の味覚って変^ ^;??

    シャトー・ラグランジュ(2017)